NEC新端末キャリティBR

JUGEMテーマ:ビジネス

 こんにちは!(*^▽^*)


 ビジネスフォンおやじミッションフロンティアの本間です!

 先日の、メーカーさんとの意見交換、懇親会は成功!と言えるのではないかと思います。

 話が、盛り上がり終電に間に合わなかったのはご愛嬌ということで(笑)

 6月15日に、NECからCarrty-BRキャリティBRが発売されました。

 AspireUX、SV9300、SV9500で使えるPHSのカードです。

 公衆、外出時には使えません。

 構内PHS、デジタルオフィスコードレスの端末としてのみ使えます。

 厚さ5mmぐらいの、カードサイズで軽いです。

 電源スイッチと、LEDのみが付いています。

 マイクも、スピーカーもテンキーもありません。

 構内PHSシステムとして、使用しますがBlueTooth(ブルートゥース)で、スマフォと連携して通話をします。

 スマフォの、アプリとしては「どこでも内線」と同じアプリで動作します。

 無線LANと、スマフォのシステムではアンテナをまたいでの、「ハンドオーバー」が出来ません。

 1台の、アンテナからの電波範囲内での通話しか出来ません。

 そこで、事務所内はPHSシステムを利用して通話を行います。

 外出時にはスマフォとして「どこでも内線」やAXモバイルリンク機能で内線として使うという方法が考えられます。

 事務所内では3モード待ちうけ。

 PHS、通常の携帯、どこでも内線の発着信を使い分けることが出来ます。

 話中に他の着信があった場合。

 現状では、PHSとして通話中に携帯電話番号などに他の着信があると、話中で返します。

 iPhonは、通常はアプリ動作中に電話着信があると、アプリが強制終了となるところ、キャリティーBRの動作で保留になります。

 ただ、通話中に突然保留となるので、他の動作が出来ないか検討中だそうです。

 例えば、事務所内で他の仕事のアプリを使う場合など、キャリティーBRを使う事でスマフォ1台で電話もアプリも使える環境が実現します。

 

 スマフォ1台で、社内の内線としても携帯としても、場合によってはデータ系の操作も出来る環境が構築可能です。

 他の、SIPアプリ(IP通話)よりも多少はスマフォ本体のスペックが、低くても動作は可能かもしれません。

 SIPアプリは、スマフォのスペック、処理能力に大きく依存するために、通話品質等が機種により大きく変わります。

 その危険性は低いと思います。

 週末金曜日。

 良い一日をお過ごしください!

 感謝です!


 中小零細企業から上場企業までのビジネスフォン工事ネットワーク工事


ミッションフロンティアホームページはこちらから

http://www.missionfrontier.co.jp

お問合せは弊社サイトお問合せフォームからお願いします


 

 Written by ビジネスフォンおやじ


従来型ビジネスフォンとIP系ビジネスフォンの電話機は違います

JUGEMテーマ:ビジネス

 おはようございます!(*^▽^*)


 ビジネスフォンおやじミッションフロンティアの本間です!

 梅雨入り宣言とともにしばらくは雨が降らないとか言ってた様な気が・・・。

 まとまった雨ではないようですが。

 さて、今日は販売店会の役員会・・・昨日は勘違いして「あれ!?間に合わないジャン!」と思って慌てて電話したら・・・。

 「明日ですよね!?」と言われました(爆)

 このところ急に、見積依頼が増えてきました。

 とりあえず、消費税増税回避になったので今のうちに設備投資を!という気持ちが働いているかどうかは定かではありません。

 ちなみに、消費税増税と福祉などの充実は、連動していないと言う数字がはっきり出ちゃっているようです。

 今日は、役員会終了後AspireUXの増設、修正、新規案件、一気に見積を作成します。

 いや、一部図面を作成しないと数字が出せない案件もあるので、一気とはいきませんでした(汗)

 IP多機能電話機を、使う場合には給電が必要です。

 レガシー、従来型の電話機は電話ケーブルを使って給電されています。

 一般的には、LAN配線上は微々たる電気しか流れていません。

 IP多機能電話機に、給電する場合にはHUB。

 PoEHUB、給電HUBを使うかローカル給電と言って電話機毎にAC電源を用意するかのどちらかになります。

 一般的には、給電HUBを使う場合が多いです。

 稀に、LANケーブルにアダプターをつけてLANケーブル上で給電出来る様にする場合もあります。

 給電HUBは、どこのメーカーでも規格が統一されていますから、基本的にはどこのメーカー製でも使えます。

 ただし、ヤマハはルーターから一貫して接続状況が確認できたりとか、バッファローは他社より安いとか、NECQXシリーズは保守も含めての価格になっているとか色々特徴があります。

 給電HUB(PoEHUB)を、どこのメーカー製を使うかもお客様と相談して決めています。

 このブログでも、何回か説明をしていますがなんでもかんでもIP化すれば良いわけではありません。

 電話機の、増設も単純に電話機をHUBに挿せば使えると言うものでもありません。

 当然、システム全体の制御容量も関わってきます。

 席替えとか、レイアウト変更を頻繁に行うオフィスなら、IP多機能電話機を導入するメリットは多いと思います。

 ちなみに、例えばNECAspireUXでIP多機能電話機のシステムを組む場合と、クラウドとかサードパーティ製のSIPサーバーでIP電話機を使う場合では使い勝手が違います。

 ビジネスフォンも、長期間使用するオフィス機器です。

 選ぶ時には、慎重に選んでください。

 週も半ばの水曜日。

 良い一日をお過ごしください。

 

 感謝です!
 

 中小零細企業から上場企業までのビジネスフォン工事ネットワーク工事


ミッションフロンティアホームページはこちらから

http://www.missionfrontier.co.jp

お問合せは弊社サイトお問合せフォームからお願いします


 

 Written by ビジネスフォンおやじ


IP電話機も色々とありますがSIP標準ではたいした機能は・・・

JUGEMテーマ:ビジネス

 こんにちは!(*^▽^*)


 ビジネスフォンおやじミッションフロンティアの本間です!

 さあ、6月スタートです!
 

 5月は、想定以上に仕事が少なかったので、気分一新で頑張ります!

 遡ると、このビジネスフォンおやじのブログも8年経過してました(笑)

 光陰矢のごとし!おやじは老けるのみ!?(爆)

 今月は、NECの販売講習会もあります。

 そこで、新端末の説明も出るのでもう少ししたら、ここでも情報を公開できると思います。

 某メーカーさんに、IP電話機のデモ機はないかと確認してもらったら、アスタリスクがどうたらSIPサーバーがどうたらで、なんだかの販売店契約をしてないからダメ!と言われてそうです。

 アスタリスクというのは、SIPサーバー用のフリーOSです。

 もっとも、そのメーカーのSIPサーバーがアスタリスクベースとも思えないのですが・・・。

 技術に、確認したら他社のSIPサーバー、IP-PBXでも使えるのでは!?という話があったので、是非接続試験をしてみたかったのですが・・・。

 とりあえず、諦めますがそのメーカーにとっても販売の機会損失ではないかと思うのですが・・・仕方がありません。

 まあ、デモ機を貸してくれなくてもテストをする機会は、作れるのではないかと思っていますが(爆)

 ちなみに、買ったりしませんよ、電話機としてみるとちょっと高額ですしね。

 虎視眈々と機会を待ちます。

 ビジネスフォンおやじにとって、選択枝が増えると言う事はお客様にとっても、選択枝が増えると言う事になりますからね。

 何とかテストをしてみたいと思います。

 6月1日水曜!・・・あれ水曜でしたよね!?(笑)

 良い一日をお過ごしください!

 

 感謝です!


 中小零細企業から上場企業までのビジネスフォン工事ネットワーク工事


ミッションフロンティアホームページはこちらから

http://www.missionfrontier.co.jp

お問合せは弊社サイトお問合せフォームからお願いします


 

 Written by ビジネスフォンおやじ


ビジネスフォンで使えるPHSには大きく分けて2種類あります

JUGEMテーマ:ビジネス

 こんにちは!(*^▽^*)


 ビジネスフォンおやじミッションフロンティアの本間です!

 

 寒さが、身に染みます(笑)

 

 もう、2月も半分終わりで今週も半分終わりです・・・。

 

 最近、お問合せをいただいた案件ですが、シングルゾーンPHS絡みです。

 

 他社が、シングルゾーン4台で見積っているのですが、用途としては要望をみたしていないような・・・。

 

 過去の製品ですが、シングルゾーンPHSで中継アンテナというのが、存在している機種が既設です。

 

 中継アンテナを、設置しているという事は電波の入りが良くない場所ということです。

 

 どこのメーカーでも、アンテナの性能は極端に変わる事はありません。

 

 今の機種で、入れ替えるとなるとマルチゾーンタイプのPHSになります。

 

 シングルゾーンタイプは、アンテナとPHSが1対1で1セット。

 

 PHSは、特定のアンテナの電波しか使えません。

 

 だから、1台のアンテナの電波が届く範囲でしか使えません。

 

 PHSの電波は、障害物に弱いと言う特性があります。

 

 だから、建物の構造とか内装により使えるエリアにかなり影響が出ます。

 

 マルチゾーンタイプは、3台まで同時に使えるアンテナを、必要に応じて設置します。

 

 ただし、PHSの台数はビジネスフォンの制御容量を超えなければ、10台でも20台でも登録して使う事が出来ます。

 

 もちろん、同時ではなく電波の空きチャンネルがある時に、使えると言う事です。

 

 例えば、工場・倉庫で使うのであれば、マルチゾーンで複数のアンテナを設置して使えるエリアを構築します。

 

 そのエリアで、同時に使える台数を増やしたい時には、そのエリアに設置するアンテナを増やします。

 

 ある程度、広いエリアでPHSを使いたい場合には、シングルゾーンタイプでは無理が出ます。

 

 例えば、無線機器が多い事務所などで影響を少なく、コードレス電話機を使いたい場合などは、シングルゾーンPHSを浸かったりします。

 

 最近の、コードレス電話機はBlueTooth(ブルートゥース)という電波規格を、使っているので環境によっては不具合を起こす事もあります。

 

 事務所内の、特定のエリアで使えて持ち運びに便利と言うような場合であれば、シングルゾーンタイプのPHSシステムでも充分です。

 

 両タイプの、併用は出来ないのできちんと判断して、どちらのタイプを使うかを決めなければいけません。

 

 ある程度、広いエリアで使いたいお客様に対して、単純にPHSが4台だからとシングルゾーンタイプを4台設置したら・・・。

 

 当然、お客様には不満が出てくるでしょう。

 

 今日は、販売店会の役員会とAspireUXの説明会。

 

 説明会は、もう聞いたのでパスしますが(笑)

 

 さて、水曜日。

 

 良い一日にしましょう!

 感謝です!


 中小零細企業から上場企業までのビジネスフォン工事ネットワーク工事


 


ミッションフロンティアホームページはこちらから

http://www.missionfrontier.co.jp

お問合せは弊社サイトお問合せフォームからお願いします


 

 Written by ビジネスフォンおやじ


ビジネスフォンIP多機能電話機、IP電話機には住所(アドレス)が必要です

JUGEMテーマ:ビジネス

 おはようございます!(*^▽^*)


 ビジネスフォンおやじミッションフロンティアの本間です!

 

 今週も、あっという間に終わりそうです・・・。

 

 今日は、某会の役員会です・・・何をすべきかまだ把握出来ていません(笑)

 

 今年の1月は、ちょっと忙しいのですがたまたまIP多機能電話機、AspireUX設置工事のお客様の案件があるからです。

 

 この案件が、無かったらと思うとぞっとします・・・。

 

 IP多機能電話機には、個々にIPアドレスが必要となります。

 

 データ系と、物理的にLAN配線の系統が別の場合、論理的に分離している場合には特に問題はありません。

 

 完全に、分離できない場合にはデータ系のIPアドレスが、把握出来ないと設定が出来ません。

 

 IPアドレスは、ネットワーク上の住所です。

 

 グローバルと、ローカルの2種類あります。

 

 一般的に、IPアドレスが必要という場合は固定IPアドレスのことです。

 

 グローバルは、世界中で一個しかないアドレスとなります。

 

 ローカルは、同一ネットワーク上。

 

 例えば、ひとつの事務所内でのみ使う場合のアドレスです。

 

 通常の、LAN、ひとつの場所・・・ひとつの事務所内などでパソコンを使う場合には、必ずしもパソコン毎にローカル固定IPアドレスが必要なわけではありません。

 

 例えば、ルーター、サーバー、NAS、プリンターなどは機器を特定するために、固定IPアドレスを使います。

 

 パソコンとかは、DHCPという機能でアドレスを自動的に割り振って使う事が多いです。

 

 ルーターなどの、DHCP機能を使って割り振ります。

 

 必ず、DHCP機能を持った機器が1台必要です。

 

 複数あってもトラブルを起こします。

 

 IP多機能電話機の場合は、規模、台数により固定IPを使ったり、DHCP機能で割り振ったりします。

 

 台数が多い場合には、100台とか200台とか設置する場合には、固定IPを割り振っているだけで1日が終わってしまいます。

 

 だから、DHCPサーバー(あるいは機能を持った機器)を設置する事が多くなります。

 

 HUBでも、このDHCPサーバー機能を搭載した製品もあります。

 

 レガシー、従来型の電話機はユニットの1回路が電話機1台と、配線で接続されているので制御できます。

 

 が、IP多機能電話機は1回路で電話機1台ではないので、制御するための識別方法が必要なのです。

 

 住所が、はっきりしないと荷物(データ)は届きません。

 

 早くも、週中水曜!

 

 良い一日を!

 感謝です!
 

 中小零細企業から上場企業までのビジネスフォン工事ネットワーク工事


 


ミッションフロンティアホームページはこちらから

http://www.missionfrontier.co.jp

お問合せは弊社サイトお問合せフォームからお願いします


 

 Written by ビジネスフォンおやじ


ビジネスフォン IP多機能電話機に早く代えた方が良いです!とは限りません

JUGEMテーマ:ビジネス

 おはようございます!(*^▽^*)


 ビジネスフォンおやじミッションフロンティアの本間です!

 

 昨日は、プロ野球ドラフト会議で当りの勘違いがあったようですね・・・。

 

 連盟関係者も、気が付かなかったら!?

 

 指名された、当の本人にしてみればどちらが良かったのか・・・・・は本人と神のみぞ知るということで。

 

 今日は、業者の会合で久しぶりに温泉です。

 

 温泉ですが、あまりのんびりは出来なさそうですが(笑)

 

 今日は、AspireUX設置予定のお客様からレイアウトが、送られてくる予定です。

 

 今回、IP多機能電話機に入れ替えます。

 

 レイアウト変更、席替えが比較的に多いお客様なので、ビジネスフォン多機能電話機の、P化も、工事費の削減などメリットもあります。

 

 レガシー多機能電話機(従来型)でも、IP多機能電話機でも機能としては基本的には変わりません。

 

 一番大きな違いは、自分の電話機を持って席を移動、給電HUB(PoEHUB)にパッチケーブルを挿せば、今までどおり使う事が出来るという点です。

 

 ビジネスフォンの多機能電話機をIP化する事で、全てのお客様にメリットが出せるわけではありません。

 

 ケースバイケースです。

 

 お客様から、相談があってもメリットが無い場合には、ビジネスフォンおやじは反対します。

 

 何でもかんでも、デジタル化、IP化した方が100%良いという事にはなりません。

 

 さて、昨日やり切れなかったAspireUX新設見積作成とか、進められる事は進めてから会合に向かいます。

 

 しつこいようですが、温泉ですがきっとのんびりとは出来ません(笑)

 

 金曜日、みなさんも良い1日をお過ごしください! 

 

 感謝です!
 

 中小零細企業から上場企業までのビジネスフォン工事ネットワーク工事



ミッションフロンティアホームページはこちらから

http://www.missionfrontier.co.jp

お問合せは弊社サイトお問合せフォームからお願いします


 

 Written by ビジネスフォンおやじ


ビジネスフォンのカールコードレス電話機には台数制限とかあります

JUGEMテーマ:ビジネス

 おはようございます!(*^▽^*)

 ビジネスフォンおやじミッションフロンティアの本間です!

 
  気が付いていない人もいるかもしれませんが今日は水曜日です(笑)

 先日、そこそこの規模の会社からビジネスフォンを仕入れませんかと、電話が有りました・・・。

 どこも、売り上げ厳しいんでしょうね・・・。

 大手は、リストラとかも出来ますがうちはリストラしたら、誰も居なくなります(爆)

 ビジネスフォンで、使うカールコードレス電話機、他の多機能電話機と同じような形で、ハンドセット(受話器)だけ持ち歩けるタイプの電話機。

 ビジネスフォンの、機種により最大の接続台数が決まっています。

 小規模タイプの、主装置だと4台とか8台まで、多いものでも16台までというのが一般的です。

 電話機への、給電容量の問題もありますが、それであれば別にAC電源を用意すれば解決できます。

 ご存知のように、使う機器により使用できる電波の周波数帯、chに制限があります。

 無前LANとかでも、使えるチャンネルって決まっています。

 だから、制御するには台数に限りがあります。

 当然、親機と子機の距離にも制限があります。

 最近は、BlueToothという短距離無線LANの、電波を使うので無線LAN環境などとの兼ね合いもあります。

 何でもかんでもコードレス電話機にしたいと言っても限度があります。

 もっとも、家庭用と違いビジネスフォンのコードレス電話機は価格も高いので、大量に導入するとなるとコストアップとなり、見積を出すと一気に引くお客様も多いですが(笑)

 どうしても、コードレスタイプの電話機を使いたいということであれば、構内PHSとかで運用するしかなくなります。

 スマートフォン!というお客様もありますが、使い方によってはビジネスフォンの機能を活用できない。

 活用するとなると、機能ごとに特殊な番号をダイヤルしなければならいとか、使い勝手が悪くなります。

 以前は、多機能電話機的なアプリもありましたが、時期尚早だったのか今はなくなってしまいました。

 仮にあったとしても、動作検証をしなければどういう現象が起こるかわからないので、現実に導入して使うにも難しいかと思います。

 無線機器は、電話に限らずトラブル時に原因究明に時間がかかったりします。

 電波は、目に見えないので性質が悪いです・・・。

 導入時には、きちんと全体を把握してシステムの、管理・設計することが重要です。

 さて、水曜日。

 今日のお昼ご飯は事務所近所のじいちゃんばあちゃんが、二人でやっている店の弁当と決めています(笑)

 今日も楽しく頑張りましょう〜。

 

 感謝です!
 

 中小零細企業から上場企業までのビジネスフォン工事ネットワーク工事

ミッションフロンティアホームページはこちらから

http://www.missionfrontier.co.jp

お問合せは弊社サイトお問合せフォームからお願いします


 

 Written byビジネスフォンおやじ


構内PHSは全てスマフォ、携帯電話の内線連携に変わる!?

JUGEMテーマ:ビジネス

 おはようございます!(*^▽^*)
 ビジネスフォンおやじミッションフロンティアの本間です!

  一週間、一ヶ月があっという間に!

 8月も、もう終わりです・・・。

 国際情勢は、色々とありますがビジネスフォンおやじとしては、まず目の前のお客様の事を考えたいと思います(^_^)v 

 今日は、振込み、見積期限の見積提出、昼飯(笑)、週末の工事の準備とまたも盛り沢山です。

 知らぬ間に!?病院のDCL案件も決まっているみたいです・・・。

 元請さんのいる仕事なのでビジネスフォンおやじはあまりタッチしていません。

 DCLというのは、デジタルオフィスコードレスシステム、構内PHSシステムのことです。

 スマートフォンとか、携帯電話は未だにグレーゾーンの部分があります。

 電磁波の、影響に関してははっきりとした結論を出す事は難しいでしょう。

 携帯電話に比べて、PHSは出力が小さい事もあり一応、シロ判定となっています。

 そのため、医療機関では病院内でくまなく通話が可能な、構内PHSシステムを使います。

 工場、倉庫等でも基地局、アンテナの配置が実情に合わせて、設計できることが利点です。

 もちろん、物理的な配線、アンテナの設置が可能であればですが。

 機能ボタンが、付いているメーカー純正のPHSを使えば、ある程度外線着信、保留、転送など必要に応じて、何かの機能を使うにも使い方を簡略化できます。

 もちろん、公衆回線登録も出来ますから必要であれば、外出時にも使えますが最近はほとんどそういう要望はありません。

 スマフォで、無線LANを使えばという方もあるかもしれませんが、ハンドオーバーには問題があります。

 通話中に、アンテナAからアンテナBに使うアンテナを切り換える機能です。

 キャリアの、電波が入る場所であれば、スマフォ、携帯を内線化して使うという方法も考えられます。

 

 ただし、特定のエリアで電波が弱い、入らないとなった時に対処が難しくなります。

 最近は、携帯電話やスマフォでと言うお客様が多いですが、使う場所、使い方によっては構内PHSの方が優れているという場合もあります。

 さて、花金です!

 

 今日はゆっくりと・・・・・仕事をしていきます(爆)

 それでは、良い花金と週末をお過ごしください!

 

 感謝です!
 

 中小零細企業から上場企業までのビジネスフォン工事ネットワーク工事


 

ミッションフロンティアホームページはこちらから
http://www.missionfrontier.co.jp

お問合せは弊社サイトお問合せフォームからお願いします


 

 Written by ビジネスフォンおやじ

 Written by ビジネスフォンおやじ


ビジネスフォンで事務所の受付電話機はどうする!?

JUGEMテーマ:ビジネス

 こんにちは!(*^▽^*)
 ビジネスフォンおやじミッションフロンティアの本間です!

 高校野球、真っ盛りです・・・大会終盤になると秋の気配が漂います。

 同時期に、甲子園に出場出来なかったチームは、着々と新チームでの練習を積み重ねます。

 さて、事務所の規模にもよりますが、オフィスの受付システムも色々あります。

 


 これは、i-padを使ったタッチパネル式の受付システムです。

 

 大手企業のように、同じ場所にいくつもの事業所や部門が同居している場合には、こうしたシステムが便利な場合もあります。

 

 このような場合には、受付に多機能電話機を設置して、機能ボタンに各部門への呼び出しする内線番号をワンタッチ登録する方法もあります。

 

 ちなみに、タッチパネル式は価格的にも高額となります。

 

 Windowsベースの機器もあります。

 

 デザイン電話機を、使うお客様も多いです。

 

 この場合には、呼び出す内線番号を手押ししてもらう、あるいは受話器を上げれば指定した内線を呼び出すなどの方法があります。

 

 AspireUXなどでは、多機能電話機の機能ボタンに設定をして、どこからでも受付からの呼び出しに応答出来る様にする場合もあります。

 

 細かい、設定に関してはビジネスフォンの機種により、設定できる機能が違ってきます。

 

 来客に対して、どういう対応をするかを決めてから、受付をどうするか決めた方が良い場合も多いです。


 感謝です!
 

 中小零細企業から上場企業までのビジネスフォン工事ネットワーク工事


 


ミッションフロンティアホームページはこちらから

お問合せは弊社サイトお問合せフォームからお願いします


 

 Written by ビジネスフォンおやじ

 Written by ビジネスフォンおやじ


ビジネスフォンタッチパネル式受付システム

JUGEMテーマ:ビジネス

 こんにちは!(*^▽^*)
 ビジネスフォンおやじミッションフロンティアの本間です!

 今、上野で休憩中です。

 これから、青山に向かいます。

 iPadを、利用した受付システムを先日導入していただいたお客様。

 設置後に、色々と試してみてから仕様の変更が必要となりました。

 ユーザー管理画面から、設定変更を試みましたがうまくいかず・・・。

 メーカーに、問合せをしていました。

 結果、変更は可能なようです。

 良かったです。

 本社の、移転とか営業所の移転、開設等々で担当者も時間に余裕がなく、実際に設置するまで触れる機会がもてませんでした。

 ビジネスフォンおやじとしては、取引先にデモ展示しているので、やはり実際に見て、触ってみてから導入していただいた方が良いなと勉強になりました。

 私達も、こういう端末はあまり触れる機会がないので、この経験をこれから活かしたいと思います。

 チョロチョロと、取引先に行って触ってはいましたが、やはりお客様に実際に体験してもらうのが一番ですね!

 さて、移動開始します!

 

 感謝です!
 

 中小零細企業から上場企業までのビジネスフォン工事ネットワーク工事
ビジネスフォン・ネットワーク工事のお問合せはミッションフロンティアホームページへ


 

 Written by ビジネスフォンおやじ


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
sponsored links
ビジネスフォンおやじ にほんばしの夕日
このブログとスポンサー様サイト広告とは一切関連有りません。 私達を、信頼、頼りにしていただいているお客様の為に真剣に仕事に取り組んでいます。 ビジネスフォンおやじのにほんばしの夕日ではビジネスフォンやLAN工事その他オフィス関連工事の情報や注意点を掲載。実例で説明してます。 アメブロは、http://ameblo.jp/mfsh 宜しくお願いします。(^^
ビジネスフォン販売、ビジネスフォン工事
私達を信頼、頼りにしていただけるお客様の為に真剣に仕事に取り組んでいます。NTTひかり電話切り替えのご相談も!詳しくはhttp://www.missionfrontier.co.jp弊社HPにて
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM