<< 公衆Wi-Fi対応ルーターで格安SIMを使う場合には注意が必要のようです | main | インターネットを使う限りはセキュリティー対策は必要です >>

ビジネスフォン、ネットワークの個別での災害対策には限界があります

JUGEMテーマ:ビジネス

 こんにちは!(*^▽^*)

 ビジネスフォンおやじミッションフロンティアの本間です!

 

 

  荒川が、決壊すると周辺では水深が5mになると、言われている地域があります。
 

 昔言われた海抜0m地帯と言われるエリアです。
 

 

 都心部ではないですが、地下鉄とか交通網などインフラに大打撃を与えます。
 

  電気系も、通信ネットワークも都心は地下埋設化が進んでいます。
 

 

 これも、水没したとなるとあちこちでトラブルが発生すると思います・・・。

 

 ハザードマップも良いですが、そうならないように更なる対策をしてもらいたいものです。
 

 

 

 正直、マラソンが札幌になる事よりも大事ではないかと・・・(;^_^A

 

 昨日、打ち合わせに行ったお客様で災害時、公衆ネットワーク網がダウンした時にどうなるか聞かれました。
 

 

 正直、どうにもなりません・・・。
 

 

 ちなみに、千葉県エリアではまだ復旧し切れていないお客様もあります。

 

 

 

 停電などの場合には、ある程度バックアップバッテリーで動作させる事は出来ますが、2日間3日間と長期に備えるものではありません。
 

 

 電気関係の、ある程度長期のトラブルに耐えうるとしたら、燃料電池とか自家発電システムでしょう。
 

 風力、太陽光は起電力が弱すぎて無理ですが(;^_^A
 

 

 ガソリン、カセットボンベを使う発電機を用意するぐらいでしょうか・・・。

 

 とはいえ、大量のガソリンを事務所などで保管する事は出来ません。
 

 

 必要最低限の、電力消費に抑えて耐えていくしかないでしょう。

 

 

 

 送電設備の、冗長化もますます大事になるかと思います。
 

 Aルートが、ダメになったらBルート、Cルートで電力供給出来る仕組みを作る事です。
 

 

 最近は、多少なりともこうした仕組みが出来ているので、停電になった!けどすぐに復旧したという事を経験した方もいるかと思います。
 

 

 ただし、万が一の災害に備える事は必要ですよね。

 

 11月も前半戦が終わります。
 

 木曜日、良い一日をお過ごしください!
 

 

 感謝です!
 

企業内コミュニケーション方法の改善を考えます 
 

中小零細企業から上場企業までのビジネスフォン工事ネットワーク工事

ミッションフロンティアホームページはこちらから

 

https://www.missionfrontier.co.jp/


お問合せは弊社サイトお問合せフォームからお願いします
 

 

 







 Written by ビジネスフォンおやじ


スポンサーサイト

  • 2020.07.07 Tuesday
  • -
  • 12:08
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
sponsored links
ビジネスフォンおやじ にほんばしの夕日
このブログとスポンサー様サイト広告とは一切関連有りません。 私達を、信頼、頼りにしていただいているお客様の為に真剣に仕事に取り組んでいます。 ビジネスフォンおやじのにほんばしの夕日ではビジネスフォンやLAN工事その他オフィス関連工事の情報や注意点を掲載。実例で説明してます。 アメブロは、http://ameblo.jp/mfsh 宜しくお願いします。(^^
ビジネスフォン販売、ビジネスフォン工事
私達を信頼、頼りにしていただけるお客様の為に真剣に仕事に取り組んでいます。NTTひかり電話切り替えのご相談も!詳しくはhttp://www.missionfrontier.co.jp弊社HPにて
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM