<< PBXとボタン電話機の違いって基本は使える回線数、電話機台数の違いなのですが・・・ | main | 電話、LAN、電気配線すべてナンバリング、ラベリングが大事です >>

ビジネスフォンの外線、電気を使うか使わないかで安定度が変わります

JUGEMテーマ:ビジネス

 こんにちは!(*^▽^*)
 ビジネスフォンおやじミッションフロンティアの本間です!

 

 そろそろ、台風の進路に注意が必要でしょうか・・・。

 中部エリアとか、もう台風は勘弁して!という声も多く聞かれます・・・。

 

 今のところ、台風24号以降にうちのお客様でトラブルの申告は1件のみ。

 ただ、このお客様のエリアはフレッツ光未対応の為、ADSL回線を利用してIP回線も使用しています。

 

 IP回線の、ノイズ、誤切断の申告です。

 以前、同様の症状があり事務所内の配線、IP回線のゲートウェイ(変換装置)も、交換したのですが改善されず、キャリア(通信会社)のADSLモデムの交換で改善しました。

 

 今日の、連絡ではISDN回線もおかしくなってきたと言う事なので、これはほぼ間違いなく回線引き込み部分で何かトラブルが起きているのでしょう。

 

 うちで、対応に向かっても良いのですが前回の作業もあり、正直行ってもやる作業がありません。

 台風で、雨風が建物内に侵入したりしていれば、これはまた別ですがそれもありません。

 

 オフィスビル、まあ都市部の場合にはキャリアの回線引き込みは、メタル回線であれ光回線であれ地下化が進んでいます。

 その為に、台風などで幹線が傷んだり切断されることはまずないです。

 

 ただし、オフィスビルでも電柱から引き込んでいる場合や、一般住宅などは外部にキャリアの端子盤を設置する事が多いので、強風や大雨の影響を受ける可能性があります。

 

 そういう意味では、光回線は強風などで傷んだりしなければ、外部では電気は流れていませんから、電気的にショートするなどのトラブルはありません。

 

 ちなみに、ONUとか光回線の終端装置はメディアコンバーター。

 光の信号を電気信号に変換するあるいはその逆の仕事をします。

 

 感電して、痛いとかは無いですがONU以降は、室内でも電気が流れています。

 

 ちなみに、無線、電波も場合によっては台風の風雨、雷の影響を受ける事もあります。

 電波も、天候の影響は受けます。

 

 台風の進路が気になるところです。

 週末金曜日、良い一日をお過ごしください。

 

 感謝です!
 

 中小零細企業から上場企業までのビジネスフォン工事ネットワーク工事


ミッションフロンティアホームページはこちらから

http://www.missionfrontier.co.jp

お問合せは弊社サイトお問合せフォームからお願いします

 

 

 Written by ビジネスフォンおやじ


スポンサーサイト

  • 2019.09.13 Friday
  • -
  • 11:41
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
sponsored links
ビジネスフォンおやじ にほんばしの夕日
このブログとスポンサー様サイト広告とは一切関連有りません。 私達を、信頼、頼りにしていただいているお客様の為に真剣に仕事に取り組んでいます。 ビジネスフォンおやじのにほんばしの夕日ではビジネスフォンやLAN工事その他オフィス関連工事の情報や注意点を掲載。実例で説明してます。 アメブロは、http://ameblo.jp/mfsh 宜しくお願いします。(^^
ビジネスフォン販売、ビジネスフォン工事
私達を信頼、頼りにしていただけるお客様の為に真剣に仕事に取り組んでいます。NTTひかり電話切り替えのご相談も!詳しくはhttp://www.missionfrontier.co.jp弊社HPにて
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM