<< そろそろNECAspireXも入れ替えが始まっています。 | main | AspireUXの拠点間ネットワーク機能の種類は何種類!? >>

ビジネスフォン経年劣化の要因は色々ありますが

JUGEMテーマ:ビジネス

 こんにちは!(*^▽^*)
 ビジネスフォンおやじミッションフロンティアの本間です!

 

  昨日は、宇都宮線に落雷とかで東海道線も、大きく影響受けてました。

 

 東京駅で、折り返し運転になっていたみたいです。

 

 ビジネスフォンの、各種基盤にもコンデンサという部品が使われています。

 

 内部に、電気を貯めて動作するのですが、経年劣化によりすべて放電してしまい不具合を起こす場合があります。

 

 基本的に、日本製のビジネスフォンは7年の、正常動作を目安にして部品を選び、設計されています。

 

 それでも、各部品の品質もばらつきがあります。

 

 こればかりは、ビジネスフォンおやじもメーカーの人間も、技術者も予想しようがありません。

 

 だから、故障が起こるのですが・・・。

 

 ちなみに、水やコーヒーなどをこぼした場合などは、試薬でテストすることでわかります。

 

 落下とか、衝撃を受けて壊れた場合も修理に出せばわかります。

 

 液体を、こぼした場合には基盤を見ただけでもわかる場合が多いですが・・・。

 

 各メーカー、社内でどういう部品を使うかとか、基準を設けて様々な機器を設計・製造しています。

 

 4月の第一週。

 

 東京・神奈川もだいぶ桜が咲き始めました。

 

 4月4日火曜日。

 

 良い一日をお過ごしください。

 

 感謝です!
 

 中小零細企業から上場企業までのビジネスフォン工事ネットワーク工事


ミッションフロンティアホームページはこちらから

http://www.missionfrontier.co.jp

お問合せは弊社サイトお問合せフォームからお願いします

 

 

 Written by ビジネスフォンおやじ

 


スポンサーサイト

  • 2019.10.18 Friday
  • -
  • 12:00
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
sponsored links
ビジネスフォンおやじ にほんばしの夕日
このブログとスポンサー様サイト広告とは一切関連有りません。 私達を、信頼、頼りにしていただいているお客様の為に真剣に仕事に取り組んでいます。 ビジネスフォンおやじのにほんばしの夕日ではビジネスフォンやLAN工事その他オフィス関連工事の情報や注意点を掲載。実例で説明してます。 アメブロは、http://ameblo.jp/mfsh 宜しくお願いします。(^^
ビジネスフォン販売、ビジネスフォン工事
私達を信頼、頼りにしていただけるお客様の為に真剣に仕事に取り組んでいます。NTTひかり電話切り替えのご相談も!詳しくはhttp://www.missionfrontier.co.jp弊社HPにて
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM