データ通信VPN(仮想内線網)構築には細かい状況確認が必須です

JUGEMテーマ:ビジネス

 こんばんは!(*^▽^*)
 ビジネスフォンおやじミッションフロンティアの本間です!

 

  首から下げて、空間除菌するやつをいただきました。

 

 塩素系の、薬剤を揮発させて除菌するんですね。

 

 花粉症にも!?というようですがバリアじゃないので花粉対策になるとは思えないんですが・・・(;^_^A

 

 

 急遽、テレワークの為にというご相談があります・・・。

 

 が、企業により通信環境はまちまちです。

 

 通信遅延とか、ストレスを感じてもかまわないから!と言われてもそう言うわけには・・・(-_-;)

 

 

 データ通信を、行うにあたりVPN接続が基本となります。

 

 最近は、契約によってはさほど時間がかからずに、使用可能になる場合もあります。

 

 

 クラウドでも、事務所の設備を使うにしても接続の要となる、ルーターには色々なスペックの機器があります。

 

 ルーターも、CPUで制御をしていますから作業量が増えれば、パソコンと同様に動作が遅くなる。

 

 場合によってはフリーズして一時的に動作しなくなる事もあります。

 

 

 社員の、個人宅と接続したいという場合もありますが、光回線が在るのか無いのか。

 

 どういう環境に設置するのかが見えないとただ見積りが欲しい!と言われても途方に暮れるだけになります(;^_^A

 

 

 時間を、かけたくない気持ちはわかりますがスタート時点で、いかに詳細な打ち合わせが出来るかが重要となります。

 

 その為には、全社員に対してのヒアリング・アンケート調査が必要になることもあります。

 

 個人の、パソコンを使用する場合には使用ソフトにより、弊害が出る場合もあり得ます。

 

 

 緊急事態宣言が全国にとなって初めての週末です。

 

 まだまだ、自分は大丈夫!無関係!と考えている人もいるようですが自分の事として考え行動することが大事だと思います。

 

 それではよい週末をお過ごしください。

 

 感謝です!
 

企業内コミュニケーション方法の改善を考えます 

 

中小零細企業から上場企業までのビジネスフォン工事ネットワーク工事


ミッションフロンティアホームページはこちらから

 

https://www.missionfrontier.co.jp/

 

お問合せは弊社サイトお問合せフォームからお願いします

 

 

 

 

 

 

 Written by ビジネスフォンおやじ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




























 

Written by ビジネスフォンおやじ


ネットワーク機器、早くも年度末での供給不足が発生!?

JUGEMテーマ:ビジネス

 こんにちは!(*^▽^*)

 ビジネスフォンおやじミッションフロンティアの本間です!

 

 

 今日は良い一日にしたいです・・・。

 

 

 ビジネスフォンおやじも、おそらく初めて!?かもしれません。
 

 

 ヤマハの、L2PoEHUBが欠品しているようです。
 

 

 入荷予定も少ないです・・・。

 

 とりあえず、次回入荷した時点で押さえてもらえるように依頼はしています。

 

 

 

 ちなみに、レイヤー2スイッチングHUBと言われる、高機能で色々とネットワーク上のルールを設定できます。

 

 さらに、無線アクセスポイント用なので給電機能付きです。

 

 

 

 Webカメラ、IP多機能電話機、IP単独電話機、無線LANの需要が、メーカーが予測しているよりも増加傾向なのかもしれません。
 

 

  また、単純に事務所内で無線LAN(Wi-Fi)が利用出来ればではなく、細かくゾーンや利用者の棲み分けが必要になってきているのかもしれません。
 

 

 

 あるいは、必要な部品の枯渇!?

 

 いずれにしても、この先で見積を作成する場合には需給状況を、よく確認しながらの機器選定が必要となりそうです。
 

 ただ、救いは確定案件の為先行して段取りが進められていた事です。

 

 

 2月3月4月の、オフィス関連工事はこうした需給問題、人員確保も含めて色々と発生します。
 

 

 ビジネスフォン、LAN、ネットワーク工事に限らず、何かの工事を計画している場合には、先手先手で進める事が必要です。
 

 ご注意ください!

 

 さて、金曜日。
 

 とは言え、年末年始、3連休で予算が枯渇している方も多いかとは思いますが(;^_^A
 

 

 良い週末をお過ごしくださいね!
 

 

 感謝です!
 

企業内コミュニケーション方法の改善を考えます 
 

中小零細企業から上場企業までのビジネスフォン工事ネットワーク工事

ミッションフロンティアホームページはこちらから

 

https://www.missionfrontier.co.jp/
 

お問合せは弊社サイトお問合せフォームからお願いします

 

 

 






 Written by ビジネスフォンおやじ


ビジネスフォン工事、LAN工事、日本国内と海外では諸事情が違います

JUGEMテーマ:ビジネス

 こんにちは!(*^▽^*)

 ビジネスフォンおやじミッションフロンティアの本間です!

 

 

 昨日みたいな、気温差が激しい日は老体に堪えます(;^_^A
 

 昨日あたりから、なんだか年明けの仕事が動き出した気がします。

 

 外資系の、企業ってありますよね。
 

 最近は、規模が小さくても外資というのは結構あります。

 

 

 以前、トラブル続出で困った海外とのVPN接続とかも、あり得る今日この頃です。
 

 

 トラブル続出と言っても、某国側の設定をこちらが言う内容で、いつまで経っても出来ないのでさすがに途中で、これ以上はフォロー出来ませんとお断りしたんですが(;^_^A

 特定の国では、国による規制により安定してVPNが使えない場合もあります。

  

 海外、欧米でも東南アジアでも当然日本と事情が違います。
 

 

 LANなどは、原則国際規格なので問題は無いはずなのですが・・・。
 

 ただ、事務所の事情とか設備、使う部材やラックなどの周辺機器は、色々と違いがあります。
 

 

 北米では、普通に使っている部材でも日本では入手が難しいとか、その逆も当然あります。

 

 なので、海外の本社から送られてきた仕様を、そのままで工事するには無理が出る場合もあります。
 

 

 正直、こんな部材必要!?という事もあります。

 

 

 意思疎通にも、かなり時間がかかったりします・・・。
 

 

 Web会議システムZoomなら1ライセンスで、年間数万円・・・インターネット環境とパソコン、カメラ、マイクがあれば使えます。
 

 

 スマフォ同士でも、1ライセンスで100名まで参加出来ますから、意思疎通も時短が出来るかと思います。

 

 ちなみに、日本国内ではLAN配線はケーブルの両端にRJ−45という、プラグを取り付けてHUBやパソコンなどに接続します。
 

 

 が、これLANの国際規格には無い手法です(;^_^A

 

 必ず、両端は情報コンセントなどで一旦整端します。
 

 

 片側が、ラック内でパッチパネルで整端というのは、規格でも決まっている施工方法です。
 

 

 ただ、ケーブルメーカーさんとかも日本の場合には、暗黙の了解みたいになっています・・・(;^_^A

 

 

 

 実際に、お客様に見積する際にこの方法は国際規格に沿っていないからと、規格通りの高い工事費で見積ったら絶対に仕事は取れないかと思います(;^_^A
 

 

 RJ-45の単価と情報コンセントの単価では比較にならない程違うので・・・。

 

 海外の、本社などの主導で仕様策定したり工事を進める場合には、諸々の日本と海外との違いも考慮をして進めた方が良いかと思います。

 

 あっという間の金曜日・・・まだ昨日まで正月だったような気がするのは正月ボケでしょうか!?(笑)
 

 

 2020年初の週末、良い一日をお過ごしください。
 

 

 感謝です!
 

企業内コミュニケーション方法の改善を考えます 
 

中小零細企業から上場企業までのビジネスフォン工事ネットワーク工事

ミッションフロンティアホームページはこちらから

 

https://www.missionfrontier.co.jp/
 

お問合せは弊社サイトお問合せフォームからお願いします

 

 






 Written by ビジネスフォンおやじ


次期公衆無線LAN規格5Gは諸刃の剣!?

JUGEMテーマ:ビジネス

 こんにちは!(*^▽^*)

 ビジネスフォンおやじミッションフロンティアの本間です!

 

 

  1月も3分の一終わりです。
 

 この調子で今年もあっという間に終わり!?(;^_^A
 

 

 ちなみに、ビジネスフォンおやじは年男です。
 

 大黒天像が、金運アップにつながるそうなので探してます(笑)

 

 東京新聞が、5Gに関しての報道をしました。
 

 一部では、タブーに触れたという表現がありましたが、一般の人には知らせたくないって事でしょうか!?
 

 

 海外では、だいぶ以前から取り上げられているようです。

 

 

 何かというと、次世代の公衆無線LAN規格5Gの、人体への影響に関する報道です。

 

 ベルギーでは、導入を見送りました。
 

 他の、欧州各国も検討に入っているようです。
 

 

 アメリカでも、サンフランシスコなどで規制が始まったそうです。

 

 ビジネスフォンおやじも、詳細情報までは入手出来ていませんし、東京新聞も読んでいません。
 

 知りうる限りでは、5G研究施設の周囲で小鳥が大量死したりもあったようです。

 

 研究者の間では、肌が荒れる、頭痛が起きるなど報告されているようです。
 

 

 何故か、日本のメディアでは取り上げられませんでした。

 

 

 

 確かに、IoTとか車の自動運転の実現などには、必要な技術かもしれません。
 

 高速、大量データ通信という点でも利用可能な技術は色々とあるはずです。

 

 医療用の、遠隔治療車も登場していますから、こうした低遅延、画像データなど大量データ通信が必要なケースには、かなりのメリットがあるはずの技術です。
 

 色々と、情報が開示されて充分に検討されるようになってもらいたいものですね。
 

 

 夢の技術の様に煽るだけの報道は止めていただきたいものです。

 あと、キャリアのCMでの表現は実情に則していない表現もありますね・・・。

 

 話は、変わります。
 

 グーグルとか、アマゾンが凄い勢いで事業を拡大しています。
 

 

 今後、日本国内での事業は日本で法人税も納めるという報道もありました。

 

 世界規模で見ると、中国、ロシアを筆頭に規制の話があります。
 

 

 同様の、サービスを国内の事業者で提供しようとする動きです。
 

 東南アジアでも、そういう検討に入っている国々も出始めているようです。
  

 インドとかなら比較的簡単に出来そうですしね・・・優秀な技術者が大量に居る国ですから。

 

 従来、インターネットは世界共通、ワンストップという認識でしたが、そうした情勢にも変化が起きつつあります。
 

 日本企業でも、SONYなどだいぶ勢いを盛り返しつつある企業も出てきています。
 

 

 2020年、ごく一部に資産が集まり格差が拡大するという、世界的な方向性に大きな変化があり、一人でも多くの人が心豊かに暮らせる世界へのシフトが始まる年になると良いですね。
 

 

 

 さて、木曜日。
 

 良い一日をお過ごしください。
 

 

 感謝です!
 

企業内コミュニケーション方法の改善を考えます 
 

中小零細企業から上場企業までのビジネスフォン工事ネットワーク工事

ミッションフロンティアホームページはこちらから

 

https://www.missionfrontier.co.jp/
 

お問合せは弊社サイトお問合せフォームからお願いします

 

 

 






 Written by ビジネスフォンおやじ


LANケーブル・・・PoE(給電)規格を満たさないケーブルが存在!?

JUGEMテーマ:ビジネス

 こんにちは!(*^▽^*)

 ビジネスフォンおやじミッションフロンティアの本間です!

 

 

 クリスマスイブで、盛り上がり二日酔いの人も!?
 

 最近は、昭和みたいに大騒ぎは無いのでしょうか!?

 

 

 ちなみに、12月24日のフェースブック過去記事で、投稿している写真が山菜蕎麦だけという事がわかりました・・・( ノД`)シクシク…
 

 

 まっいっか!という感じですが(笑)

 

 最近は、ネットワークカメラや無線アクセスポイント(Wi−Fi)、IP多機能電話機などPoEHUB(給電HUB)の利用が増加しています。
 

 

 最近は、だいぶ価格も下がっている事も影響が有るかと思います。
 

 LANケーブルで、各種機器に給電を行って利用する規格です。
 

 

 これも、国際規格で決まっています。
 

 特に、最近は無線AP、アクセスポイントの性能が上がっている分、消費電力も増加しています。

 

 PoEの使用が増えた結果ネットワークトラブルが増加傾向にあるようです。
 

 

 

 ビジネスフォンおやじも、知りませんでしたがLANケーブルにCCAと言われるケーブルが存在しているようです。

 

 通常の、LANケーブルの芯線は銅が素材として使われています。
 

 

 最近は、落ち着いていますが世界規模で銅が高騰すると、電気、電話、LAN等々のケーブル価格を直撃します。
 

 

 その影響で、登場したケーブルかもしれません・・・。

 

 芯線に、銅よりも安価なアルミを素材として使用し、周りを銅でコーティングしているケーブルがあるそうです。
 

 通常だと、一応国際規格のCAT5Eとかは満たせるのでしょうか。
 

 

 ただ、日本のケーブルメーカーに聞いてもそういう製品が、存在していないのでケーブルの性能がいまいちよくわかりません(・_・;)

 

 PoEには、非対応と考えてください。
 

 

 当然、銅とアルミでは金属としての特性が違います。
 

 

 特に、抵抗値が大きく違います。

 

 PoEでは、当然ケーブル上を大きな電流が流れます。
 

 通常の、データ通信だけであれば微弱な電流のみなので、大きな影響は無いようではありますが・・・。
 

 電流が、流れれば熱も発生します。

 

 そうなると、抵抗値が更に上がり機器に対して必要な電力が供給出来ない。
 

 また、データ通信信号も阻害されるために、ネットワークトラブルも発生する。
 

 

 という状況が増加しているそうです。

 

 

 

 うちは、規格に沿った銅のケーブルしか使用しませんので影響はまったくありません。
 

 

 無線LANの、速度が遅いなどでお客様から相談が増えていますが、まさかこういう原因もあるとは正直知りませんでした。
 

 

 

 ちなみに、ケーブルを切って切断面を見れば2層構造になっているのですぐにわかるそうです。
 

 LANケーブルの、芯線は意外と太いので見えると思います。
 

 ただ、敷設済みのケーブルを切断出来る状況は少ないと思いますが(;^_^A
 

 

 ケーブルテスターで、測定をしなければ判明しないケースも多いようです。
  

 今のところ、こういうケースに当たった事はありませんが、知る事が出来て良かったです。
 

 トラブル要因のひとつには間違いはないですから。

 

 

 

 クリスマスが過ぎれば今年も残り約1週間。
 

 

 12月25日水曜日。
 

 

 良い一日をお過ごしください。
 

 

 感謝です!
 

企業内コミュニケーション方法の改善を考えます 
 

中小零細企業から上場企業までのビジネスフォン工事ネットワーク工事

ミッションフロンティアホームページはこちらから

 

https://www.missionfrontier.co.jp/
 

お問合せは弊社サイトお問合せフォームからお願いします

 

 

 






 Written by ビジネスフォンおやじ


LAN]配線、光ファイバーを使う場合!?

JUGEMテーマ:ビジネス

 こんにちは!(*^▽^*)

 ビジネスフォンおやじミッションフロンティアの本間です!

 

 

 社内ネットワークがおかしいのかCADがおかしいのか・・・
 

 夕べ作った図面はやり直しとなりました・・・(-_-;)
 

 

 HUBの不具合が原因でデータが壊れたかもしれません・・・。
 

 

 色々と不思議な現象も出ています・・・。

 

 

 

 今日は、総務省に提出する為の書類準備もあります。
 

 

 以前に、事業者登録していても公的な書類がまた必要になります。
 

 通信キャリアからも、契約先によってはこういう内容で登録が必要という書類が届いています。
 

 

 とりあえず、今日中に書類を発送するところまで終わらせます。

 

 

 

 今週末の、工事の内容も調整確認を至急しなければいけません。
 

 

 今週も、現場はさほど忙しくありませんが、個人的にはばたばたです(;^_^A

 

 

 

 構内、例えばビル内とか工場内、倉庫内などで光ファイバーケーブルを使用して、LAN配線を行う場合があります。
 

 

 一般的には、マルチモードというタイプの光ファイバーを使用します。
 

 シングルモードという、タイプもあるのですがこちらはどちらかというと、何Kmも配線を伸ばす必要がある場合に使用します。
 

 

 工場や倉庫でも、Km単位での配線が必要なケースはまずありません。
 

 マルチモードでも、現在の配線規格であれば550mとか、配線を伸ばすことができます。

 大概は、550mあれば届きます(笑)

 

 

 ちなみに、途中HUBなどの機械を介さずに配線する長さの制限です。
 

 

 HUBを、設置することが出来るのであれば、メタルのLANケーブルでも100m以上離れた場所でも、LANを構築することは可能となります。

 

 

 

 光ファイバーが、こうした構内配線で使われる様になったころは、メディアコンバーターなども何十万円もしていました。
 

 

 最近は、マルチモードでの規格を使えば5万円程度からあります。
 

 

 ただし、ケーブルの両端で使用しますので最低2台必要になります。

 

 

 

 NTTとか、キャリアが使う終端装置ONUなども、メディアコンバーターです。
 

 

 光の信号と電気信号を相互変換する装置です。

 

 

 

 高額なHUBになると、このコンバーターをユニットとして組み込む事が出来ます。

 

 これも、技術の進歩かと思います。
 

 

 

 最近は、使い方によりますがNTTなども小型のONUを使い始めています。
 

 

 基本、NTT機器に組み込んで使う場合に小型を使うようです。

 

 

 

 ところで、メタルのLAN配線と光ケーブルのLAN配線では、通信速度はどちらが早いと思いますか!?
 

 

 使う規格にもよりますが、基本的にはどちらも変わりません。

 

 LANは、そもそもがローカルエリアネットワークですから、特定のエリア内でコンピューターなどのネットワークを構築することです。
 

 

 その場合には、一般的に使う国際LAN規格では通信速度としては、どちらを使用しても変わりはありません。
 

 

 

 稀ではありますが、建屋間の配線時に雷の影響を防ぐために、光ファイバーを使って配線する場合もあります。

 

 

 

 12月10日、今月も・・・今年も残すところ20日余りとなりました。
 

 

 火曜日、良い一日をお過ごしください。
 

 

 感謝です!
 

企業内コミュニケーション方法の改善を考えます 
 

中小零細企業から上場企業までのビジネスフォン工事ネットワーク工事

ミッションフロンティアホームページはこちらから

 

https://www.missionfrontier.co.jp/
 

お問合せは弊社サイトお問合せフォームからお願いします

 

 

 






 Written by ビジネスフォンおやじ


無線LAN規格IEEE802,11ax(WiFi6)はまだ策定中の段階です

JUGEMテーマ:ビジネス

 こんにちは!(*^▽^*)

 ビジネスフォンおやじミッションフロンティアの本間です!

 

 

 昨日は、急に気温は下がるは雨が降るわで体調を崩したりしていませんか?
 

 ビジネスフォンおやじは、特にコートも着ずにフラフラ!?してました(笑)

 

 行ってきました、Wi−Fi6のセミナー。
 

 聞いてしまうと何ということも無い!?

 

 

 

 当然、メーカーとかは新しい規格、新しい仕組みを普及させたいと思います。
 

 何故なら、機械が売れますからね(;^_^A

 

 

 一言でいえば、Wi−Fi6を導入するには結構コストがかかります。

 

 

 とはいえ、まだドラフトの段階なので本格的に登場するのは2021年ぐらい!?
 

 

 ドラフトというのは、国際規格としてこう決めようと思うけど、みんなはどう思う!?と進めている段階ということです。
 

 

 

 まったく違う事は、ないかと思いますが現段階でWi−Fi6対応と謳っているのは、あくまでもドラフト案準拠ということです。
 

 

 場合によっては、正式に規格として成立した時にソフトのバージョンアップなどでは、対応し切れない機器もあり得るということでした。

 

 無線LANの、規格も倍々ゲームじゃないですが策定される度に、通信速度が速くなってきています。

 が、今回は前回の様に規格値で8倍の速度が出ます!

 

 

 とかではありません。

 

 最近の、データ通信の傾向などからも単純に、スピードを上げるだけでは体感でも実効の速度を上げるには限界があるようです。

 

 

 5Gの時にも、お話ししましたが何台かの端末が無線チャンネルを、使用していれば終わるまで他の端末が使えません。
 

 

 そうした、処理を行うにあたり単純に通信速度を上げるだけでは、すぐに限界が来ると言われるようになりました。
 

 

 だから、同じチャンネルを使いながらも同時により多くの、端末が通信を行えるようにするという事がWi−Fi6の大きな特徴となります。

 

 もっとも、周辺機器から通信インフラ設備、ISP(インターネットサービスプロバイダー)からすべての通信速度を上げる事も大変なコストと労力が必要になります。

 

 だから、単純に無線アクセスポイントをWi−Fi6対応の機器に、交換すればという話では無くなります。
 

 

 社内LANから、HUBなどの機器、また場合によってはISP契約を複数化して、通信を分散させる必要も出てきます。
 

 

 だから、Wi−Fi6導入にはコストがかかります。

 

 

 

 ちなみに、現在社内LANが遅い・・・ほぼ90%の企業が結局インターネット通信、またはそれを介して使うクラウドのレスポンスなどの事を言っています。
 

 

 社内の、データベースにアクセスするとかプリントアウトする、などの作業まで遅くて困るということはまずありません。

 

 単純に、無線アクセスポイント(アンテナ)のスペックが、必要なスペックを満たしていない。

 例えば、事務所で家庭用の機器を使っているとか。

 

 

 インターネットなど、外部との接続窓口となるルーターの処理能力が、スペック不足であるなどの原因であることが多いです。
 

 

 中には、壊れないからそのまま使っていると、10Mbps規格のHUBを使っているお客様もいたりします(;^_^A

 

 Wi−Fi6は、構内LTEとか自営LTEと言う呼び方もされ、データ通信のみならず音声通信もそこに乗せてなど色々な仕組みが模索されています。
 

 

 いずれにしても、規格が正式に策定されて各メーカーからの、対応機器が出揃って価格がどうなるかで普及速度が変わるでしょう。

 

 

 大手、準大手企業に普及後機器価格がこなれてこないと、中小企業から零細企業までに普及するのは難しい気がします。
 

 

 

 さて、11月最後の水曜日ですね。
 

 

 そろそろ、月末処理に向けての準備を始めます。
 

 あっ!切手買ってこないと!(笑)
 

 

 今日も良い一日をお過ごしください。
 

 

 感謝です!
 

企業内コミュニケーション方法の改善を考えます 
 

中小零細企業から上場企業までのビジネスフォン工事ネットワーク工事

ミッションフロンティアホームページはこちらから

 

https://www.missionfrontier.co.jp/
 

お問合せは弊社サイトお問合せフォームからお願いします

 

 

 







 Written by ビジネスフォンおやじ


LAN配線、メタルケーブルが使えない場合もあります

JUGEMテーマ:ビジネス
 

 こんにちは!(*^▽^*)

 ビジネスフォンおやじミッションフロンティアの本間です!

 

 今年も残り約1.5か月となりました。
 

 有難いことに、今年の残りの土日は何某かの工事予定が入っています。

 

 

 もっとも、キャリア側の工事の日程が確定せずに、工事日が確定出来ないものもありますが(;^_^A

 

 工事予定は、なるべくお客様の都合に合わせますが、お客様のちょっとしたご協力で平日に作業出来る場合もあります。
 

 

 その場合には、どんどん平日に作業出来ないか相談します。
 

 

 日本の、祝祭日が世界一多くても平日の方が圧倒的に多いので(;^_^A

 

 ビルの、フロア間とか工場などのLAN配線には、場合により光ファイバーを使用します。

 

 

 UTPと言われる、メタルケーブルでは配線距離が100mまでとなります。
 

 細かい、規格がいろいろあっての100mなのですが・・・。
 

 

 それ以上、距離を延長する場合には途中にHUBを設置する必要があります。

 

 昔は、リピーターという増幅装置でしたが、今はHUBで代用できます。
 

 そうは言っても、HUBを設置できない場合もたくさんあります。

 

 例えば、途中階のEPS(配電盤)などに中継用HUBを、設置したいと言っても共用スペースです。
 

 

 ほとんどのビルでは許可してくれません。
 

 電源も必要ですから他のフロアの機器を設置しても電気代を分けようもありません。

 

 工場などの場合も屋外配線となる場合が多いので設置場所がありません。
 

 

 場合によっては、配管も新たに敷設して途中に配電盤を設け、電源とHUBを設置する場合もあります。

 

 

 

 基本的には、光ファイバーのLAN配線規格も配線長100m以内という規格がほとんどです。
 

 

 規格により、500mとか1km5km10kmとか伸ばせる規格もあります。

 

 

 

 そういう場合には、電気信号を一旦光信号に変換するコンバーターを、両端に設置することになります。
 

 

 もちろん、電源が必要なので電源が確保できる場所に、変換装置を設置することになります。

 

 

 

 配線距離によって、使用する光ファイバーの種類も変わります。
 

 

 事務所内用ではなく、キャリア(通信会社)が使用するファイバーに近い規格のケーブルとなります。

 

 

 ちなみに、NECAspireシリーズで工場や倉庫内に分散して設置が必要な場合に、主装置間を光ファイバーで接続する事もあります。
 

 

 

 屋外配線の場合、地中配管ではなく架空配線の場合に、雷の影響を避けるためにあえて光ファイバーを使用する場合もあります。
 

 

 

 LAN配線も、状況、用途により作業内容が変わります。
 

 

 

 週中水曜日、良い一日をお過ごしください。
 

 

 感謝です!
 

企業内コミュニケーション方法の改善を考えます 
 

中小零細企業から上場企業までのビジネスフォン工事ネットワーク工事

ミッションフロンティアホームページはこちらから

 

https://www.missionfrontier.co.jp/
 

お問合せは弊社サイトお問合せフォームからお願いします

 

 

 







 Written by ビジネスフォンおやじ

 


ビジネスホテルのLAN環境もホテルによりまったく違います

JUGEMテーマ:ビジネス

 こんにちは!(*^▽^*)
 ビジネスフォンおやじミッションフロンティアの本間です!

 

 今週は、火曜日からでしたから予定通り!?

 あっという間に金曜日です(;^_^A

 

 だいぶ、仕事は落ち着いてきましたが、まだ追いついてはいません(・_・;)

 

 現場は暇なんですが(笑)

 

 

 5月の工事も、色々とご発注いただいていますが、数字としてはまだまだ物足りない数字です。

 

 

 昨日、仲間の業者と話をしていたのですが、ビジネスホテルのWi-Fi環境に関してです。

 

 それはもう、笑っちゃうぐらいにビジネスホテルによって、環境・・・通信速度も変わります。

 

 基本的には、スマフォやタブレットでの使用を想定しているのだと思います。

 

 

 インターネットで、何か情報を探すとかちょっとした仕事であれば、特に問題は無いかと思いますが、中にはアクセスしても遅くて結局4G(モバイルルーター)使うなんて場合もあります(-_-;)

 

 地方の、小さいホテル・・・50室以下でも快適な環境を用意しているホテルもあります。

 

 

 基本的には、有線LANから切り替えるホテルが、ほとんどだと思います。

 

 一時期は、有線LANが無いと駄目というビジネスマンが多かったですからね。

 

 

 頑張って、無線LAN(Wi−Fi)環境を整えているのだと思います。

 

 最近は、ビジネスホテルと言っても一般の観光客とかも使う事が多いですから。

 

 

 ただ、どうせなら有線LANの環境も残してもらえたら有難いです。

 

 

 ホテルの、状況にもよるかと思いますが今後働き方改革とかで、ホテルで仕事という人も増えるかと思います。

 

 VPN接続や、パワーポイントとか重たいファイルを、使いたい場合にはまだまだ有線LANの方が快適に使う事が出来ます。

 

 パワーポイントとかは、すぐに通信量1Gbpsぐらい行っちゃいますからね(;^_^A

 

 

 もしかしたら、こんな希望を持っているのはビジネスフォンおやじぐらいかもしれませんが(笑)

 

 さて、週末金曜日ですが金欠で身動きできない!?(笑)

 

 そんなタイミングかもしれませんが良い一日をお過ごしください。

 

 感謝です!
 

企業内コミュニケーション方法の改善を考えます 

 

中小零細企業から上場企業までのビジネスフォン工事ネットワーク工事


ミッションフロンティアホームページはこちらから

 

http://www.missionfrontier.co.jp

 

お問合せは弊社サイトお問合せフォームからお願いします

 

 

 

 Written by ビジネスフォンおやじ


無線LAN(Wi-Fi)の無線AP(アンテナ)はきちんと設置しないと能力不足になります

JUGEMテーマ:ビジネス

 こんにちは!(*^▽^*)

 ビジネスフォンおやじミッションフロンティアの本間です!

 

 

 事務所近くの、桜並木の桜が一気に咲き始めました。
 

 この時期に、咲き始めるとうちの業界はまた花見は出来ません(笑)
 

 

 来月、福島出張があるのでそこなら見頃かなと思ってます(爆)

 

 

 

 今日も、お客様の事務所移転が2件あります。
 

 

 明日は、移転ではないですがレイアウト変更と、無線LANシステムの入れ替え工事です。

 

 

 

 ありがちな事ですが、適当な無線アクセスポイント(アンテナ)を量販店などで購入。
 

 

 コンシューマー向け、一般家庭向けとかそれに少し毛が生えたような法人モデルなら、設定もそう難しくは無いので適当に配置。

 

 

 こういう仕事、お客様ではなくきちんとした知識のない、販売店などが平気で設置工事をしていたりします(;^_^A

 理由は安いから・・・それだけです。

 

 

 無線APも、昔はわかりにくい表記が多かったですが、最近は量販店で販売している機種は、使用人数の目安として1名とか3名とか人数の表現に変わりました。
 

 

 

 事務所の、状況に合わせてきちんと機器選定、設置をしておかないといけません。
 

 

 使用頻度が上がると、通信速度が極端に落ちるとか接続出来ないなどの症状が出て来ます。

 

 

 量販店で、販売しているのは法人向けでも10名以下ぐらいの事務所までです。
 

 

 

 ミッションフロンティアで、販売設置をしているヤマハやNECなどの、無線アクセスポイントと何が違うのでしょう?

 

 

 簡単に言うと、処理能力の違いです。
 

 

 

 数名同時の、アクセスならデータの処理速度が追いつくけど、5名とか10名とかになってくると、処理しきれなくなり通信遅延が起きたりします。
 

 

 処理が、仕切れないから新たに接続しようとする人は、拒否されてしまいます。

 

 

 一時期は、アンテナ内蔵!スマートなデザイン!なんて機種が多かったです。
 

 最近は、性能優先?アンテナがあったり、オプションで外部アンテナが、接続出来る機種が増加傾向です。

 

 

 使用する、エリアが広範囲であったり接続数が1時的にでも、増加する場合には複数の無線APを設置する場合もあります。
 

 

 この場合も、チャンネル制御とかあるいは複数の無線APを束ねて、管理出来るような無線APを設置する事もあります。

 

 親無線APがあり、それに監視、制御されて子無線APが、ネットワーク化されて運用されるイメージです。

 

 こういう場合には、きちんとした置局設計、どこにどういう風に無線APを配置すれば、エリアをカバーして効率よく運用出来るかという仕事が必要になってきます。

 

 

 

 うっかりすると、来週早々には首都圏の桜は見頃かもしれません。

 両国駅界隈も結構咲いています。

 

 花見は早いうちが良いかもしれませんね。

 

 

 それでは、仕事に行きます(笑)
 

 良い休日をお過ごしください。
 

 

 感謝です!
 

 

企業内コミュニケーション方法の改善を考えます 

中小零細企業から上場企業までのビジネスフォン工事ネットワーク工事


ミッションフロンティアホームページはこちらから
 

http://www.missionfrontier.co.jp
 

お問合せは弊社サイトお問合せフォームからお願いします
 

 


 

 

 Written by ビジネスフォンおやじ


calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
sponsored links
ビジネスフォンおやじ にほんばしの夕日
このブログとスポンサー様サイト広告とは一切関連有りません。 私達を、信頼、頼りにしていただいているお客様の為に真剣に仕事に取り組んでいます。 ビジネスフォンおやじのにほんばしの夕日ではビジネスフォンやLAN工事その他オフィス関連工事の情報や注意点を掲載。実例で説明してます。 アメブロは、http://ameblo.jp/mfsh 宜しくお願いします。(^^
ビジネスフォン販売、ビジネスフォン工事
私達を信頼、頼りにしていただけるお客様の為に真剣に仕事に取り組んでいます。NTTひかり電話切り替えのご相談も!詳しくはhttp://www.missionfrontier.co.jp弊社HPにて
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM