ビジネスホテルのLAN環境もホテルによりまったく違います

JUGEMテーマ:ビジネス

 こんにちは!(*^▽^*)
 ビジネスフォンおやじミッションフロンティアの本間です!

 

 今週は、火曜日からでしたから予定通り!?

 あっという間に金曜日です(;^_^A

 

 だいぶ、仕事は落ち着いてきましたが、まだ追いついてはいません(・_・;)

 

 現場は暇なんですが(笑)

 

 

 5月の工事も、色々とご発注いただいていますが、数字としてはまだまだ物足りない数字です。

 

 

 昨日、仲間の業者と話をしていたのですが、ビジネスホテルのWi-Fi環境に関してです。

 

 それはもう、笑っちゃうぐらいにビジネスホテルによって、環境・・・通信速度も変わります。

 

 基本的には、スマフォやタブレットでの使用を想定しているのだと思います。

 

 

 インターネットで、何か情報を探すとかちょっとした仕事であれば、特に問題は無いかと思いますが、中にはアクセスしても遅くて結局4G(モバイルルーター)使うなんて場合もあります(-_-;)

 

 地方の、小さいホテル・・・50室以下でも快適な環境を用意しているホテルもあります。

 

 

 基本的には、有線LANから切り替えるホテルが、ほとんどだと思います。

 

 一時期は、有線LANが無いと駄目というビジネスマンが多かったですからね。

 

 

 頑張って、無線LAN(Wi−Fi)環境を整えているのだと思います。

 

 最近は、ビジネスホテルと言っても一般の観光客とかも使う事が多いですから。

 

 

 ただ、どうせなら有線LANの環境も残してもらえたら有難いです。

 

 

 ホテルの、状況にもよるかと思いますが今後働き方改革とかで、ホテルで仕事という人も増えるかと思います。

 

 VPN接続や、パワーポイントとか重たいファイルを、使いたい場合にはまだまだ有線LANの方が快適に使う事が出来ます。

 

 パワーポイントとかは、すぐに通信量1Gbpsぐらい行っちゃいますからね(;^_^A

 

 

 もしかしたら、こんな希望を持っているのはビジネスフォンおやじぐらいかもしれませんが(笑)

 

 さて、週末金曜日ですが金欠で身動きできない!?(笑)

 

 そんなタイミングかもしれませんが良い一日をお過ごしください。

 

 感謝です!
 

企業内コミュニケーション方法の改善を考えます 

 

中小零細企業から上場企業までのビジネスフォン工事ネットワーク工事


ミッションフロンティアホームページはこちらから

 

http://www.missionfrontier.co.jp

 

お問合せは弊社サイトお問合せフォームからお願いします

 

 

 

 Written by ビジネスフォンおやじ


無線LAN(Wi-Fi)の無線AP(アンテナ)はきちんと設置しないと能力不足になります

JUGEMテーマ:ビジネス

 こんにちは!(*^▽^*)

 ビジネスフォンおやじミッションフロンティアの本間です!

 

 

 事務所近くの、桜並木の桜が一気に咲き始めました。
 

 この時期に、咲き始めるとうちの業界はまた花見は出来ません(笑)
 

 

 来月、福島出張があるのでそこなら見頃かなと思ってます(爆)

 

 

 

 今日も、お客様の事務所移転が2件あります。
 

 

 明日は、移転ではないですがレイアウト変更と、無線LANシステムの入れ替え工事です。

 

 

 

 ありがちな事ですが、適当な無線アクセスポイント(アンテナ)を量販店などで購入。
 

 

 コンシューマー向け、一般家庭向けとかそれに少し毛が生えたような法人モデルなら、設定もそう難しくは無いので適当に配置。

 

 

 こういう仕事、お客様ではなくきちんとした知識のない、販売店などが平気で設置工事をしていたりします(;^_^A

 理由は安いから・・・それだけです。

 

 

 無線APも、昔はわかりにくい表記が多かったですが、最近は量販店で販売している機種は、使用人数の目安として1名とか3名とか人数の表現に変わりました。
 

 

 

 事務所の、状況に合わせてきちんと機器選定、設置をしておかないといけません。
 

 

 使用頻度が上がると、通信速度が極端に落ちるとか接続出来ないなどの症状が出て来ます。

 

 

 量販店で、販売しているのは法人向けでも10名以下ぐらいの事務所までです。
 

 

 

 ミッションフロンティアで、販売設置をしているヤマハやNECなどの、無線アクセスポイントと何が違うのでしょう?

 

 

 簡単に言うと、処理能力の違いです。
 

 

 

 数名同時の、アクセスならデータの処理速度が追いつくけど、5名とか10名とかになってくると、処理しきれなくなり通信遅延が起きたりします。
 

 

 処理が、仕切れないから新たに接続しようとする人は、拒否されてしまいます。

 

 

 一時期は、アンテナ内蔵!スマートなデザイン!なんて機種が多かったです。
 

 最近は、性能優先?アンテナがあったり、オプションで外部アンテナが、接続出来る機種が増加傾向です。

 

 

 使用する、エリアが広範囲であったり接続数が1時的にでも、増加する場合には複数の無線APを設置する場合もあります。
 

 

 この場合も、チャンネル制御とかあるいは複数の無線APを束ねて、管理出来るような無線APを設置する事もあります。

 

 親無線APがあり、それに監視、制御されて子無線APが、ネットワーク化されて運用されるイメージです。

 

 こういう場合には、きちんとした置局設計、どこにどういう風に無線APを配置すれば、エリアをカバーして効率よく運用出来るかという仕事が必要になってきます。

 

 

 

 うっかりすると、来週早々には首都圏の桜は見頃かもしれません。

 両国駅界隈も結構咲いています。

 

 花見は早いうちが良いかもしれませんね。

 

 

 それでは、仕事に行きます(笑)
 

 良い休日をお過ごしください。
 

 

 感謝です!
 

 

企業内コミュニケーション方法の改善を考えます 

中小零細企業から上場企業までのビジネスフォン工事ネットワーク工事


ミッションフロンティアホームページはこちらから
 

http://www.missionfrontier.co.jp
 

お問合せは弊社サイトお問合せフォームからお願いします
 

 


 

 

 Written by ビジネスフォンおやじ


LAN配線はどこかに接続されていれば良いというわけではありません

JUGEMテーマ:ビジネス

 おはようございます!(*^▽^*)

 ビジネスフォンおやじミッションフロンティアの本間です!

 

 

 3月、弥生となりました!
 

 春はもうそこまで来ています!
 

 と言っても、花粉症がある人は気が重いかもしれませんね(;^_^A

 

 

 ビジネスフォンおやじは、原始人に近いようなので関係ないみたいです(笑)

 

 

 今日は、神奈川でちょっと現場に顔を出してから、事務所に向かう予定です。
 

 何か急に、見積作成とかは落ち着いてしまったので(・_・;)
 

 

 ちょっと困ってます・・・。
 

 3月なので、もう少し稼いでおかないとその後がきつくなってしまいます。

 

 

 ちなみに、AspireWXの最初の機能改善エンハンスは、3月の予定と聞いています。
 

 面白い、改善もあるのですがこれはまだ確定ではないので口外する事は出来ません。

 

 

 NECでは、ネットマイスター(スペルがわかりません・・・)というサービスを提供しています。
 

 AspireWX、音声機器からルーターIXシリーズなどの、ネットワーク機器をインターネット経由で一元管理などが可能です。
 

 

 このサービスを、利用するにはNECIXルーターシリーズか、AspireWXなどの内臓ルーターを使う事が条件となります。
 

 

 ルーターなど、ネットワーク系機器メーカーだと、類似するサービスがありますが、ビジネスフォンも含めてというのはNECぐらい!?
 

 

 ではないかと思われます(;^_^A

 

 

 最近は、LAN上でもケーブルの接続を間違えると、管理ソフトで確認が出来たりとずいぶん便利になりました。
 

 

 お客様によっては、VLAN(バーチャルLAN)機能などを使用していて、場合によってはHUBの接続を間違えると正常に接続出来なくなったりします。
 

 

 見えてはいけないデータにアクセス出来たりする場合もあります。
 

 

 最近は、タグVLANなどが多いですがポートVLANという、接続する口(ポート)で社員用、来客用といった感じで、LANを分離している場合も有ります。

 

 

 これ、接続を間違えると社内では必要なデータにアクセスできず、偶然来ていたお客様に社内情報が丸見え!なんてことになります。

 

 

 基本的には、そうした設定で利用する場合には社員でも、触れられないように鍵付きの19インチラックに収めます。
 

 

 デスクなどに、配置されたHUBで接続を間違えても、そういうトラブルは起きないようにしておくのが一般的です。
 

 あるいは、これも鍵付きのケースに収めて、触れる人を限定します。

 

 

 なんらかで、接続ミスが起きた場合。
 

 例えば、AというHUBの3番目に接続されていたケーブルが、6番目に接続変更されたとか履歴から、変更された接続が追えるような管理の仕組みが提供されているメーカーもあります。
 

 

 お客様から、LANが何かおかしいと障害(トラブル)の申告があった場合に、現場でそういう変更が何かされたかも確認が可能です。
 

 

 ループ、LAN配線は基本的に円、接続経路がケーブルの接続ミスで、送ったデータが元の場所に戻るような配線は出来ません。
 

 

 そうした、ケーブル接続をしたい場合には特殊なHUBの機能が必要となります。
 

 

 そうでない場合には、データがLAN上をグルグルと回り始めて、HUBなどの処理能力を超えてしまい使えなくなります。

 

 

 最近のHUBだとループ検知機能が付いている製品が多くなりました。
 

 ただし、ランプ表示だけだったりするので注意していないと、ループを検知しても気が付かないケースもあり得ます。
 

 

 むやみに、LANケーブルを接続変更するとループしたり、トラブルを起こす事があります。

 ご注意ください。

 

 

 今日は、久しぶりに横浜界隈で昼ご飯かなと画策中です(笑)
 

 

 3月1日金曜日。
 

 良い一日をお過ごしくださいね!
 

 

 感謝です!
 

企業内コミュニケーション方法の改善を考えます 

中小零細企業から上場企業までのビジネスフォン工事ネットワーク工事


ミッションフロンティアホームページはこちらから

http://www.missionfrontier.co.jp

お問合せは弊社サイトお問合せフォームからお願いします

 

 

 Written by ビジネスフォンおやじ


ビジネスフォン、LANの屋外配線には配管が必要です。

JUGEMテーマ:ビジネス

 こんにちは!(*^▽^*)
 ビジネスフォンおやじミッションフロンティアの本間です!

 

 GW真っただ中いかがお過ごしでしょうか?

 都内とか電車が空いていてとても楽です(笑)

 

 今日から、某所工場の電話、LANの配線工事がスタートです。

 レイアウト変更と、建屋間の配管も再敷設になります。

 

 ケーブルは、むき出しだと屋外線を使っても、雷などの影響を受けます。

 配管を敷設する事で安全性を高める事が出来ます。

 

 要所には、BOXを配置してHUBを設置したりもします。

 基本的に、LANは光ファイバーを使ってもケーブルの配線長は100m。

 

 100mといっても、更に細かく規格に決められています。

 

 100m以内と、100mを超える場合とでは光ファイバーの、規格が違う規格になります。

 一般的には、メディアコンバーターという機器を両端に設置します。

 

 フレッツ光などで、使っているのもメディアコンバーターの一種です。

 

 メディアコンバーターは、光信号と電気信号を変換する装置になります。

 以前は、片側1台で10何万とかしたのですが、最近は数万円で購入できるようになりました。

 

 これも、使用する光ファイバーの種類や、通信方式により色々な種類があります。

 

 今回は、電源が取れるので要所にHUBを設置して、中継する予定にしています。

 

 問題は、屋外での作業もあるのでお天気ですかね・・・。

 晴れて、暑くても困るし雨ではもっと困ります(笑)

 

 ちなみに、ビジネスフォンおやじは単独行動で、まったく違う仕事をします。

 

 GW・・・休みの人も多いようですが、私の周りは基本仕事の人が大多数です(爆)

 休みでも仕事でも良い一日をお過ごしください(*^▽^*)

 

 感謝です!
 

 中小零細企業から上場企業までのビジネスフォン工事ネットワーク工事


ミッションフロンティアホームページはこちらから

http://www.missionfrontier.co.jp

お問合せは弊社サイトお問合せフォームからお願いします

 

 

 Written by ビジネスフォンおやじ


LANの社内部門毎の系統分け方法も変わりました

JUGEMテーマ:ビジネス

 

 こんにちは!(*^▽^*)
 ビジネスフォンおやじミッションフロンティアの本間です!

 

 立春を、過ぎてまだまだ寒さが厳しいです。

 が、河津桜のつぼみが膨らんできたり、梅が咲き始めたりと春は確実に近づいていますね。

 

 さて、今週から始まったLAN配線工事は、かなり順調に進んでいます。

 19インチラックの、納期がまだ確認できていませんが(笑)

 

 16Uとか、言っているので注文すれば2〜3日で納品されるはずなのですが・・・。

 うちの、手配では無いので・・・。

 

 ラックさえ、納品されれば予定通りに今週中に、作業を追われそうなのですが。

 現場で、確認をさせます。

 

 LANケーブルには、デュアルケーブルと言ってケーブル2本を、結合させたメガネ型のケーブル。

 

 バンドルケーブルと、普通のケーブル4本とか6本とかが、一本になっているケーブルもあります。

 

 ただし、こういうケーブルの方がケーブル材料を、たくさん使うので割高です(笑)

 最近は、デュアルは別としてほとんど使う事も無くなりました。

 

 極端な話、HUBのポート毎に別々のセグメントで、使う事も可能なのでケーブルで、物理的にセグメントを分ける必要がないからです。

 

 セグメント、と言うのは系統と言えば良いでしょうか。

 

 例えば、営業部門と、経理部門、総務部門では使うソフトが違います。

 従来は、配線で系統を分離していました。

 

 部門間を、接続するのにルーターを使い繋げる繋げないを規制する事も。

 

 今では、HUBのポート(LANケーブルを差し込む口)を別々に設定することも可能です。

 もちろん、そういう機能を持ったHUBが必要です。

 

 接続するポートで、総務、経理、営業などと部門ごとに分離出来ます。

 

 間違えて挿したら、例えば営業が人事の評価データなどに、アクセスしてしまったら問題です。

 通常は、間違えて接続してもPC毎にデータへの、アクセス権限を設定するので許可されていない、データベースへのアクセスは出来ません。

 

 デュアルケーブルは、1本を予備回線として使う場合などに、利用する事もあります。

 

 ただ、現在はHUBをメッシュ型に配線接続して、ケーブルが不具合を起こしたら、ネットワーク接続を使えるネットワークに切り替えるという方法もあります。

 

 これも、HUBの機能になります。

 

 LANも、物理的に構築する方法と、設定で構築する方法とに分かれます。

 

 さて、週中水曜日。

 良い一日をお過ごしください。

 

 感謝です!
 

 中小零細企業から上場企業までのビジネスフォン工事ネットワーク工事


ミッションフロンティアホームページはこちらから

http://www.missionfrontier.co.jp

お問合せは弊社サイトお問合せフォームからお願いします

 

 

 Written by ビジネスフォンおやじ


ルーターはインターネットに接続するだけではありません

JUGEMテーマ:ビジネス

 こんにちは!(*^▽^*)
 ビジネスフォンおやじミッションフロンティアの本間です!

 

 今年のクリスマスイブは日曜日。

 そう言えば、天皇陛下が退位した場合23日は平日になるようです。

 

 え〜!という人もいるでしょうけど個人的にはホッとしてます(笑)

 

 事務所などの、ルーターが故障した場合はインターネットが使えなくなるだけ!?

 と、思っている方も多いかと思います。

 

 ルーターや、NAS、プリンターなどはIPアドレス、LAN上の住所は固定で割り振る場合が多いです。

 

 ただ、1台1台のパソコンに関しては固定せずに、その都度IPアドレスが割り振られる場合が多いです。

 

 この、アドレスを割り振る作業をルーターが行っている場合がかなりの割合を占めます。

 

 ルーターが、故障した場合に例えばNASのデータを、見に行く場合にもそのパソコンのIPアドレスが、NAS側で認識できずにトラブルを起こすこともあり得ます。

 

 ちなみに、地球上で1個というグローバルIPアドレスを、使う場合には有料となります。

 

 例えば、ビジネスフォンの機能で発信番号が非通知の場合には、着信を拒否するという設定があります。

 

 みなさんも、携帯やスマフォに非通知とか知らない番号から、電話がかかってくると出なかったりしますよね。

 

 それと同様に?相手がわからないとLAN上の通信も、正常にやり取りが出来なくなります。

 

 数名の、事務所ならまだしも個人(家庭)向けのルーターを、使用している場合にはインターネット接続以外でも不具合を起こすことがあります。

 

 ちなみに、先日LANの通信速度が遅いとか通信中、インターネットから何かをダウンロードをしてると、途中で切断されてしまうなどの不具合が起こっていたお客様。

 

 法人向けとしては、エントリークラスのルーターに入れ替えたら、今までの不具合が解消されたという事例もあります。

 

 クリスマス直前の金曜日。

 街は賑わうのでしょうね。

 

 ちなみに、夜の街が不景気になるとその国の経済は、悪化するというデータもあるらしいです。

 

 週末、金曜日楽しい日をお過ごしください。

 ちなみに、ビジネスフォンおやじは土曜日朝早く、水戸まで行くので早寝します(爆)

 

 感謝です!
 

 中小零細企業から上場企業までのビジネスフォン工事ネットワーク工事


ミッションフロンティアホームページはこちらから

http://www.missionfrontier.co.jp

お問合せは弊社サイトお問合せフォームからお願いします

 

 

 Written by ビジネスフォンおやじ


ビジネスフォンおやじ本日はLANの勉強会です

JUGEMテーマ:ビジネス

 こんにちは!(*^▽^*)
 ビジネスフォンおやじミッションフロンティアの本間です!

 

 寒い日が続くようになりました。 

 そろそろ、コートを買いに行った方が良いかもしれません(笑)

 

 無いわけじゃないのですがかなりくたびれているので(爆)

 

 今日は、午後から仕入れ先主催のLAN関係の講習会です。

 

 正直、最後までいるのは難しいかもしれません・・・。

 

 メタル系の、LAN配線規格はCAT6Aで通信速度10Gbpsを実現しています。

 ちなみに、これは規格上の話で実効速度は、環境などにより大きく変わります。

 

 これは、1Gbpsのフレッツ光で実際の速度が60Mbpsとか40Mbps、環境が悪ければ20Mbpsになるのと同じです。

 

 かなり、規格がシビアになってきていますので、床がOAフロア(フリーアクセス)です!と言ってもきちんとした、配線スペースが確保出来ない場合にはトラブルが起こるかもしれません。

 

 10cm角の、プラスティック製の製品や溝になっていて、ケーブルの上にカバーをするタイプだと、最小曲げ半径など規格通りに配線する事が厳しいです。

 

 正直、ここまで来ると配線作業には光ファイバーの方が、取り扱いし易い感じも持っています。

 

 光信号と、電気信号を変換するメディアコンバーターも、最近は安価な製品が出ています。

 

 HUBは、光接続ポートを持っている製品はまだ少し高価です。

 

 場合によっては、幹線は光ファイバーを使って配線をし、それを基点にしてメタルケーブルで配線するというのも徐々に増えるかもしれませんね。

 

 とりあえず、LAN配線規格のドラフトが新しく出ているようなので、今日はまず勉強をしてきます。

 

 ちなみに、明日は休むかどうかまだ未定です(笑)

 

 飛び石連休を飛び石にしない人も多いのでしょうか。

  

 祝日前の水曜日。

 

 良い一日をお過ごしください。

 

 感謝です!
 

 中小零細企業から上場企業までのビジネスフォン工事ネットワーク工事


ミッションフロンティアホームページはこちらから

http://www.missionfrontier.co.jp

お問合せは弊社サイトお問合せフォームからお願いします

 

 

 Written by ビジネスフォンおやじ


敷設本数が多い場合は当然LAN配線図面を作成します

JUGEMテーマ:ビジネス

 こんにちは!(*^▽^*)
 ビジネスフォンおやじミッションフロンティアの本間です!

 

 本日は、販売店会の役員会です。

 

 頑張ります(笑)

 

 システム屋さんは、LAN配線とかやりたがらない事があります。

 

 基本的には、他業者に依頼するのでやってもやらなくても、利益にあまり変わりはないという事なのかもしれません・・・。

 

 そんな地べたをはって配線するのは自分の仕事じゃないと考える人もいるようです・・・。

 

 とりあえず、弊社でLAN配線図面をおこしました。

 

 早くしないと、ズルズルと時間が経ってしまいます。

 

 どうせ作るだろうからと予測もあったのであらかた作成済みでしたが。

 

 LAN配線が、必要な場所不要な場所は、こちらでは判断しかねます。

 

 だから、早くお客様にそのところを確認していただきたいという理由もあります。

 

 他の業者と、陣取り合戦をするつもりはありません。

 

 ただ、お客様の仕事がスムーズに進行できるように、段取りを進めていく事も重要な事です。

 

 今日も、普段あまり扱わないメーカーの、見積を作成する事になりそうです。

 

 決まるかどうかはわかりません。

 

 が、メーカーによる違いや特色を確認するにも、こういう仕事は大事だと思います。

 

 さて、9月6日水曜日。

 

 良い1日をお過ごしください。

 

 感謝です!
 

 中小零細企業から上場企業までのビジネスフォン工事ネットワーク工事


ミッションフロンティアホームページはこちらから

http://www.missionfrontier.co.jp

お問合せは弊社サイトお問合せフォームからお願いします

 

 

 Written by ビジネスフォンおやじ


LAN配線規格にはすべて配線長の制約があります

JUGEMテーマ:ビジネス

 こんにちは!(*^▽^*)
 ビジネスフォンおやじミッションフロンティアの本間です!

 

  今年は、気が付くのが遅れましたが、近所の沈丁花が香りだしました。

 

 時期が来ると、きちんと咲き始めます。

 

 今日も、張り切って!?なんとか見積作成します・・・(汗)

 

 某社?から、ネットワークを高速LANに変えたいので、ざっくりとした費用が出せないかと問い合わせがありました。

 

 配線距離的に、メタルケーブル、俗に言うCAT5EとかCAT6というケーブルでは敷設できません。

 

 しつこいようですが、CAT7は工場などで使う特殊な規格のLAN配線です。

 

 メタルケーブルは、細かい規格がもろもろありますが、ざっくり言えば配線の長さは100m程度までです。

 

 光ファイバーを、使ったLANは10Gbpsとか100Gbpsと、ケーブルの規格はあるようです。

 

 ただし、まだまだHUB、メディアコンバーターなど機器類が追い付いていません。

 

 通信速度が、早くなると配線長が短くなります。

 

 ちなみに、BB回線、NTTフレッツ光などのアクセス用回線は、規格上の速度で1Gbps、NUROという回線で2Gbpsです。

 

 局舎から、あっちこっちの家やビルに配線を伸ばすので、そう簡単には通信速度は速くなりません。

 

 これと、同じようにビル内や工場内で敷設する、ネットワーク配線も距離が延びると速度は遅くなるのが一般的です。

 

 まずは、簡単な構成図を作成して、超!概算の見積を作成します。

 

 さて、女の子達はひな祭りを控えて楽しみにしているでしょうね。

 

 3月2日木曜日。

 

 良い1日をお過ごしください。

 

 感謝です!
 

 中小零細企業から上場企業までのビジネスフォン工事ネットワーク工事


ミッションフロンティアホームページはこちらから

http://www.missionfrontier.co.jp

お問合せは弊社サイトお問合せフォームからお願いします

 

 

 Written by ビジネスフォンおやじ


LAN配線、光ファイバーを使っても単純に速度が早くなる事はないです

JUGEMテーマ:ビジネス

 こんにちは!(*^▽^*)
 ビジネスフォンおやじミッションフロンティアの本間です!

 

  9月、10月の怒涛の様なスケジュールがひと段落しました。

 うちの、技術も久しぶりの光ファイバー工事も有り、不安がっていましたが何事もなく接続出来ました。

 

 LAN配線は、メタルケーブルは配線長が100mが制限となっています。

 それを、超える場合にはHUBなどのリピーター(信号増幅器)が必要になります。

 

 実際には、ビルのフロア間配線でも工場の敷地内でも、上手い事電源が確保出来るとは限りません。

 

 テナントビルの場合には、共有部分にはHUBなどの機器設置が、出来ないビルが大部分を占めます。

 

 今回は、配線の予測長さが100mちょっと・・・。

 

 サーバールームと、メインのオフィスフロア離れているので、お客様に光ファイバーでご提案をしました。

 

 今回は、HUBとHUBの接続でなくメディアコンバーターを使っています。

  

 HUBとHUBで、接続する場合にはもちろん光用のコネクターポート、差込口が必要です。

 メディアコンバーターは、光信号と電気信号を変換する装置です。

 

 NTTとかで言う、ONUとかCTUとかがそれにあたります。

 

 キャリア(通信会社)の、光回線サービスを使う場合にも、必ず必要になる装置です。

 もっとも、家庭用とかではブロードバンドルーターや、無線LAN機能と一体型の機器を使う場合も多いですが。

 

 オフィス内などで、光ファイバー配線を使う場合も、ケーブルより接続する機器により通信速度が決まります。

 

 光から、メタル(電気信号)に変換する部分は、規格値で最大1Gbpsとなります。

 

 ただし、その後に接続する機器が100Mbpsまでの、規格の機器やケーブルではその性能を充分に活かす事は出来ません。

 

 LANの性能、通信速度は全体の配線規格、HUB、サーバー、PCなどの性能のトータルで決まります。

 

 例えば、複合機が古い機種でLANボードが100Mbpsまでの、対応となるとそこで通信速度は遅くなります。

 

 配線、ネットワーク機器に1Gbpsの規格で全て用意しても、パソコンの処理能力が低ければそれなりの性能でしか使えません。

 

 これは、他のお客様の話ですがメインで使っているHUBだけが、何故か100Mbpsまでしか対応していないと言う場合もあります。

 

 そのお客様も、今月事務所移転をしたのでHUBの、設置場所もうちのスタッフが変更しています。

 

 移転前よりは、多少快適に使えるようにはなったと思います。

 

 ちなみに、PCのスペックが以前よりもだいぶ良くなった、とかが無ければ劇的に変わる事はありませんが(笑)

 

 さて、今秋の土日は極力仕事を入れないようにはしていますが・・・。

 

 ここのところ、ブラック企業と言われそうなぐらいに仕事が立て込んでいたので(笑)

 

 10月も後半戦の火曜日。

 

 良い一日をお過ごしください。

 

 感謝です!
 

 中小零細企業から上場企業までのビジネスフォン工事ネットワーク工事


ミッションフロンティアホームページはこちらから

http://www.missionfrontier.co.jp

お問合せは弊社サイトお問合せフォームからお願いします
 

 

 Written by ビジネスフォンおやじ


calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
sponsored links
ビジネスフォンおやじ にほんばしの夕日
このブログとスポンサー様サイト広告とは一切関連有りません。 私達を、信頼、頼りにしていただいているお客様の為に真剣に仕事に取り組んでいます。 ビジネスフォンおやじのにほんばしの夕日ではビジネスフォンやLAN工事その他オフィス関連工事の情報や注意点を掲載。実例で説明してます。 アメブロは、http://ameblo.jp/mfsh 宜しくお願いします。(^^
ビジネスフォン販売、ビジネスフォン工事
私達を信頼、頼りにしていただけるお客様の為に真剣に仕事に取り組んでいます。NTTひかり電話切り替えのご相談も!詳しくはhttp://www.missionfrontier.co.jp弊社HPにて
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM